記事一覧

Kさま邸 増築の上棟をしました。

河内長野市で、工事中のKさま邸では増築部の上棟作業を行いました。外部収納を増築するにあたり、建物と屋根でつなぎました。構造材は、三重県の熊野杉と桧です。綺麗な材で、雰囲気ある佇まいへと変わりました。また天井は間伐材を利用して作られたJパネルという材です。小野棟梁、今日は本当にお疲れ様でした。...

続きを読む

Nさま邸 塗装工事中です。

千早赤阪村で工事中の、Nさま邸では屋根工事に続き、塗装工事を行なっています。外壁は今のままですが、雨戸や格子などを塗装していきます。今回の塗装で、雨戸を外壁に近い色へと変え、外観の印象がかわります。玄関の庇の天井板も、杉板で張りかえ建物の雰囲気に合わせて、落ち着いた茶色に塗装しました。来週に足場解体の予定です。...

続きを読む

Kさま邸 足場を解体しました。

河内長野市で工事中の、Kさま邸では建物を覆っていた足場が解体されました。ガルバリウムで新たに葺いた屋根と、綺麗に塗り替えられた外壁で、キリっとした雰囲気になりました。これから今回の工事の見所の一つの外部収納の増築工事に取り掛かっていきます。増築部の熊野杉の構造材も納入されました。...

続きを読む

Kさま邸 外壁塗装終わりました。

河内長野市で、工事中のKさま邸では外壁の塗装工事も終わり、新しいトイもかかりました。屋根のフチ(破風板)もガルバリウム鋼板で新たにカバーすることで、耐久性の向上と見た目にもシャープな印象になりました。また、2階の南側の窓にはお布団ん干せるように、布団干しも取付きました。あと少しで足場も解体となり、外回りの工事の準備で、塗装屋さんが板塀材を塗装してくれました。...

続きを読む

Nさま邸 屋根が葺き終わりました。

千早赤阪村で工事中の、Nさま邸では屋根の板金工事が完了しました。以前は、赤色だった屋根も新たに緑のガルバリウム鋼板になりイメージが一新しました、以前の屋根です。↓今週からは外部の格子、雨戸の塗装を行います。...

続きを読む

Nさま邸 屋根葺き中です。

千早赤阪村で工事中の、Nさま邸では今週から屋根工事が始まりました。元々の屋根材のカラーベストは風化が進み、所々に割れや塗装のめくれなどが、ありました。今回の工事では、今の屋根材はそのままに新たな屋根材を上に重ねていく、カバー工法的な施工です。廃材などの処分が不要となり、家を傷めずに更新できる内容です。現状の屋根材の上に、ルーフィングと呼ばれる防水シートを敷き、その上にガルバリウム鋼板の屋根材を葺い...

続きを読む

千早赤阪村 屋根葺き替え工事が、始まりました。

千早赤阪村の、Nさま邸で屋根の葺き替え工事が始まりました。足場をかけ、着工です。1日かけて、足場を組みシートで囲い足場組みは完了です。春一番の風にそなえて、早速シートを巻きつけ養生をしました。来週から屋根工事が始まります。...

続きを読む

Kさま邸 階段がかかりました。

河内長野で工事中の、Kさま邸では室内の階段がかかりました。今回の改装工事で、階段の場所を変更し新たな階段が出来上がりました。以前は廊下にあった階段も、リビング階段へと場所をかえ、雰囲気もかわり、LDKから2階が近くに感じる間取りになり、一体感が生まれました。小野さんの大工工事も、大詰めに差し掛かってきました。作業が終わると掃除をして、1日を終えます。...

続きを読む

「離れの住まい」完成しました。

千早赤阪村で工事を行わせて頂きました、「離れの住まい」は、すべての工事が終わり、完成しました。完成お披露目です。《玄関》靴脱ぎスペースは、半畳ながら御影石の土間と、機能的な下駄箱収納で、雰囲気ある空間になりました。《LDK》無垢のバーチの床材に壁は珪藻土の左官壁です。元の梁も化粧でみせ、空間を引き締めてくれています。《水まわり》大工さん造作家具で、限られたスペースを有効に利用しました。《2階》元々の土...

続きを読む

Kさま邸 屋根工事が完了しました。

河内長野で工事中の、Kさま邸では屋根工事が完了しました。既存のカラーベストの上から、ガルバリウム鋼板の屋根材を葺きました。見た目も縦ラインが通り、シャープな印象に変わり、建物を雨から守る要の部分もこれで、安心です。また、屋根のヘリの部分(破風板)も元は木で傷みが進んでいたので、今回の工事で屋根材と同じガルバリウム鋼板で囲い、耐久性が向上しました。外壁のサイディング補修も、完了し外壁塗装へとバトンタ...

続きを読む

プロフィール

株式会社 家工房

Author:株式会社 家工房
家工房は大阪府唯一の村
千早赤阪村の小吹台という住宅地にある小さな工務店です。
木造をメインとし、住宅の新築・リフォームを行います。
家は家族の帰る場所になる大切な存在ですので、
それぞれの家族にとっての「帰る場所」創りのお手伝いをさせて頂きます。

最新コメント

カテゴリ